スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

giovedi gnocchi...venerdi baccala...sabato trippa 

雨続きのローマからこんばんはぁ。

このところ図書館で文献と精一杯闘っています。大学がある日は、お昼を家かパンテオンで食べて…カンポ・デ・フィオーリ広場まで歩いて、夜まで図書館に籠っています。建物の中にバールがないのだけが不便。(ジャニーコロのアメリカン・アカデミーにはバールもレストランもあるのデス!

昨日の木曜日はニョッキを食べました
というのも、ローマでは、giovedi gnocchi(木曜日はニョッキ)venerdi baccala e ceci(金曜日は鱈)sabato trippa(土曜日はトリッパ=蜂の巣)という伝統があるのです。

これも、ローマっ子2人に教えてもらったところ、
昔は、毎日パンを焼いておらず、ローマでは水曜日にパンを作り、その時に残った粉は捨てずに、それでニョッキを作っていたそう。ただし、このニョッキはジャガイモのニョッキではなくて、セモリナ粉だったという説が有力です。

キリスト教社会では、金曜日に肉を食べない習慣があるので、ローマでは鱈を食べていたそう。では、なぜ、鱈なのでしょ?ローマ料理というのは、お金のないローマっ子の食べていた料理、ユダヤ料理が基礎になっているので、安い鱈を食べていたとのことです。

ローマのとある歌では、
A noi ce piace 'r pollo, l'abbacchio e le galline, perchè so' senza spine e nun so' come 'r baccala. 「おれたちが、鶏や子羊や雌鶏が好きなのは、鱈みたいに小骨がないからさ~」
という1節もあるのです

そして、トリッパ!土曜日に子牛や牛が畜殺されていて、肉の高価な部分はお金持ちに流れて、お金のないローマっ子たちはトリッパやその他の臓物を食べていたからだそう
ちなみに、ローマで豚の畜殺を請け負っていたのは、豚肉を盗むはずのないユダヤ教徒たちだったとか。

Stefanoが、「昔はトリッパとかアマトリチャーナばかり食べていて、ステーキなんて1ヶ月に1度くらいだったよ」と話していました。「でも、昔、安かったトリッパは現在ステーキよりも高くなって、逆転している」とも。

今日は朝から、ポルタ・ポルテーゼという蚤の市のようなものに行ってきました朝8時半には家を出て、トラムで15分もかからずに到着♪掘り出し物の靴があればいいなと思っていったものの…そんなものを初めて行くポルタ・ポルテーゼで探し出せるわけもなく。
かわりに、買おうと思っていた研究関係の文献を半額(しかも汚れていない!)で手に入れてきました
混み始めたので、早々に帰宅。
スリにあわないように(ポルタ・ポルテーゼはスリがたくさん!)買い物をするなんて、なかなか難しいのです~

寒いけど晴れているので、ウォーキング&ジョギングに行ってきま~す。
スポンサーサイト

世界一周の旅の途中に… 

先週末から、友達たちがローマに来てくれました
土曜日にはボローニャからボローニャっ子の友達が1泊2日のタイトスケジュールながらも、遊びに来てくれたので、ローマを一緒にお散歩。
天気がよかったので、ボルゲーゼ公園でのんびりしてました。途中、動物園に入ろうと言って、わたしを恐怖の谷に突き落としかけたけれど、運良く動物園のチケット売り場が混みこみだったので、諦めてくれました。ヤレヤレ。

日曜日からは、中学時代の友達と恋人が世界一周の旅の途中でローマに寄ってくれました
数日間一緒にローマをみてまわり、一人でみるローマとは違うローマを発見♪

久しぶりにアヴェンティーノにも行きました。
ローマにも秋が

IMG_0257.jpg


夜は3人でStefanoのところへ
あまりにも大きい肉の塊と3人で闘ってきました♪

IMG_0266.jpg

大学とパンテオンの台所 

この1週間、体調が最悪の最悪だったのですが、昨日はやっとこさ回復してきました。書くと長くなるし、気分的に書きたくないので、書きませんが…。

要は、IKEAという大型家具店のレストランで食べたリゾットもどきが悪かったため、何を食べてもお腹を壊してしまう状態になってしまったのでした。トホホ。
というか、知らないところであんまりものを食べちゃいけないらしいですね。考えもしなかった。

おかげで少し痩せました。

元気になってきたものの、研究をするほどではないので…ボリスとブルンミと遊んだり、友達とスカイプで話したりしてます。

というわけで、先週大学であった授与式について書いておきま~す。

法政大学の陣内秀信教授が、ローマ大学から名誉学位号を授与され、その授与式が22日にあるというので、わたくしめも駆けつけました♪

IMG_0228.jpg


というのも、陣内先生は今回の奨学金の審査員でもあったので(覚えてくださっているとは思わないけど)


IMG_0183.jpg       IMG_0181.jpg



この衣装で、ローマ大学の教授陣が出てきたときには、さすがにビックリしましたが、ま・さ・か陣内先生までこの格好とは。
学長に続いて、建築学科の教授が話した後に、陣内先生が話して、短い講義をしたのですが、パワーポイントをご自分で動かしながら、話すという…大変なことになっていました。うーん。しかし、イタリア語で講義するなんて大変そうです。しかも、ローマ大学の教授陣の前で。
ところどころイタリア語の間違いに笑う学生がいたそうですが、「じゃ、君たちも外国語(もちろんラテン系ではない言語でね)で講義してみなしゃい」という感じですね。

まぁ、わたしの目的は…そこでローマ大学の日本人学生を紹介してもらうことだったのですが^m^

次の日に行われた特別講義にも行ってきましたが、あまりの混み具合ですごいことに!その後、お昼を求めて、パンテオンに避難しちゃいました。

ところで、最近のパンテオンの台所には、Stefanoの書いたメモが貼ってあります。

20071101231358.jpg


1枚目:X KATIA E SARA SI PREGA DI STACCARE I TAVOLI,GRAZIE.STICK(Cecio)

2枚目:IL CAPO VA SEMPRE ASCOLTATO.

3枚目:DOPO CHE E` STATO ASCOLTATO VA ADEMPIUTO.

20071101231429.jpg


4枚目:IL PERSONALE SEGUE LE IMPOSIZIONI DEL CAPO QUANDO HA RAGIONE...
5枚目:POTRESTI SPEGNERE STO CESSO DE STEREO.


1と5を除くとどれも、「上司のいうことを聞くように!」ということが書いてあります。
ちなみに、Stefanoには地元の歴史も聞くけれど、それよりも経済的なことをよく聞いてます。というのも、彼はイタリアでいうMaster(日本の修士号とはちょっと位置づけが違う…)を経済などの分野で取得しているし、とてもわかりやすく説明してくれるので感謝感謝

では、体力回復の為にもお散歩してきまっす今日もローマは晴れています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。