スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cinema Azzurro Scipioni 

知らなかったローマを発掘する毎日。

先日は、San Lorenzoという地区に行ってきました。
これも、Trastevereのex-GILでの催しもの関係で、音楽を聞きに行ったのですが。待ち合わせは、とある事情でカンピドーリオ広場の下というわたしにしては珍しい場所。
着いたと同時に音楽は終わってましたしかし、その音楽よりも、ローマの一市民が語る「歴史」の方がよっぽどおもしろいのでした。

San Lorenzoは、特殊な地区で、昔は警察も駐留していなかったそう。(今は、確認する資料が手元にないので、後日、年号などは確かめます)第二次大戦中、ローマで唯一爆撃を受けた地区でもあり、左翼の中心地でもあります。ふむ。

その中でも、音楽の会場が設置された通りVia dei Volsciは特に左翼の人々が集った場所であったとか。とある食事処は、知り合いでないと入ることができず、知り合いでない人は誰かに連れてきてもらわないといけなかったそう

産業というものがなかった(今もか)ローマにおいて、ムッソリーニ時代に唯一San Lorenzoには工場などが作られ、産業地区となり、そのため、第二次大戦でアメリカ軍から爆撃を受けてしまったという。

そんな話を聞いてから、Via dei Volsciでビールを買いにお店に入ったので、「売ってくれなかったら?!やたら高い値段を言われたら?!」とかまえてしまったわ。なんのことはない、大きなビール瓶2.5ユーロと格安でした はは。心配して損しました。

ちなみに、ローマ一市民のお話は多岐に渡っていたので、ここではもちろんほんの一部だけ

そして、先日は、Silvano Agostiなる映画監督・作家に会ってきました。http://www.silvanoagosti.com/
1日に3時間しか働かず。自分で作った映画は他人の手を通さず、自分の小さな映画館だけで上映し、チケットから著作の販売まですべて自分でする友人がいる」と聞いて、興味がわかないわけがないのです

彼の経営する映画館Cinema Azzuro Scipioniはヴァティカン近くに位置。

20071101024356.jpg


Silvanoは月曜日には映画館にいるとのこと。1度目は不在でしたが、2度目は(行く前に電話して聞いたので)いました♪
残念ながら、その日は関係者が数人来ていたので、あまり話すことはできませんでした…。解説を聞きながら、映画館を見学し、彼の著作の日本語版(!)をプレゼントしてもらい、少し話してから、帰りました。

「Silvano Agostiは1938年3月23日に初めてブレシャに生まれる。17歳のころ、Istituto Magistraleを修了し、チャーリー・チャップリンの生家を見るため、ロンドンに旅立つ。…」(彼の著作Lettere dalla Kirghisiaより)
その後、彼はヨーロッパとシリアやトルコ・ギリシア・北アフリカなどを数年放浪し、映画監督を育てる学校を修了したそう。

1日に3時間しか働かないとか、彼の自宅の玄関は寝るまで開け放たれているとか、「そんなこと!」と言いたくなるかもしれないけど、映画館に入ると、ローマにありながら、全く「違う場所」にいると実感してみたり。

この日は、彼に会うことが目的だったので映画は見なかったけど、今度は映画を見に行ってみようと思います。

すべてのローマの人々が知っているわけではない、この映画館。

2年前にローマから東京に帰るのを泣いて悲しんだ(いつもか…)わたしに、「もうborissinoはローマの中にいるでしょ。また早く戻っておいで。みんなで待ってるよ」と友達が言ったけど、さらにローマの中に入っている気がする今日この頃。(N先生が聞いたら「生意気な!」と言いそう)な~んて、明日には、知らなかったことをまた発掘するんだろうけど。

スポンサーサイト

スープ三昧 

昨日と今日はそこまで寒くないけど、先週から急に寒くなったローマまだ10月なのに、ダウンジャケットを着てしまいました。うーん。
というわけで、最近はぽかぽかするべく、スープばかり作っています。

ポルペッティーネ(要は肉団子)とフェンネルのスープ

フェンネルをスーパーで何も考えずに購入(--;傷んでしまいそうだったので、思いつきでスープにしてみました。
ニンニクの香りを少しだけだして、そこに刻んだフェンネルを入れて、ポルペッティーネを加えて、ブロードを入れるだけ。
チーズが家にないので(買わなくちゃねぇ)チーズは入れてないけれど、パルミジャーノかペコリーノの削ったものを入れたらよいかと思う。スープと一緒に、ご近所のおいしいパン屋さんRoscioliのピッツァ・ビアンカを食べて満足満足。

栗とポロ葱のスープ

これは、erikoさんのレシピを参考にさせていただきました。http://blog.livedoor.jp/dabrescia/archives/51202248.html
栗をスーパーで購入してから、スープに入れられる状態にするまで、時間がかかっちゃいました。なにせ、初めて栗を料理したのです
でも、やさしい味のスープが出来上がりました!

IMG_0174.jpg


いまいち、渋皮の剥き方がわかっていなくて、残ってしまったけど、なんのことはない、少しゆでれば剥けるのですね。トホホ。次回はきっちり!

Cinema Festa Internazionale di Roma 

今、ローマでは、国際映画祭なるものをやっていて、その一環(?)で「かわいい催しもの」があると友達に誘われて、行ってきました♪

映画祭については下記のサイトを参照してくださいませ。でも、さっきのぞいたらエラーがでた(--;
http://www.romacinemafest.org/romacinemafest/home.php

「かわいい」というだけで、詳細も聞かずに待ち合わせのMinistero d. Pubblica Istruzioneまで、家からなんとか辿りつき、遅刻する友達の指示により、開催場所まで行こうと試みるも、道を間違えたらしく…再び待機。
開催場所は、Casa della Gioventu a Trastevereというファシズム時代の建物。

01.jpg


写真は、建設当時のものなので、残念ながら今の姿とは違います。

ローマには、言うまでもなく様々な建物が残っていて、ついつい中世ばかりみてしまうものの、やはり精力的にいろいろ見て回らないといけないなぁと思っていたところ。それにしても、ローマは濃厚なので、頭がおかしくなりそう!!だから、ローマには変な人が多いのかしらん。

この建物を建築したのは、Luigi Moretti。1933-36年にかけて、ファシズム体制下の少年訓練組織の為に作られました。現在はジムとして使用される傍ら、時々、イベントの会場にもなるようです。

02.jpg

03.jpg

04.jpg


で、昨夜のイベントは、Roma meets Mumbaiなるものでローマのミュージシャンとインドのミュージシャンが演奏するとか。
http://www.musicaroma.it/newsroma/articolo.asp?id=10578

まず、建物に入って、友達の友達たちとご挨拶。Ilaria・L'avvocato・Valerio・Luigiがいました。ちゃんとした写真を撮ればよかったけど、すぐに建物の説明が始まったので、そのまま説明に。
IMG_0164.jpg


IMG_0162.jpg


地下に下りていくと子供用のプールがあり、その横で音楽を演奏してました。

IMG_0173.jpg


イタリア人のグループが演奏していて、ずーーーーーと我々はインド人グループを待っていたのですが、待てど暮らせど出てこない…。24時を過ぎたころにやっとシタールがセッティング。そのあと30分ほどして、シタール演奏者などがでてきて、演奏を開始。
15分ほどで終了。ステージは再び無人に。
その間、Ilariaはもぅやってらんないわ、と夫Valerioを残して帰宅!
あと2,30分したら帰ろうかということになり、イベントを後にしました。うーん。
はたして、インド人グループは再び演奏したのかしらん。

音楽はおいといあて、建築はとても興味深かったので…ファシズム建築見学をまた行こうと思います。

ちなみに、L'avvocatoは先月ローマ市役所(カンピドーリオ)で結婚したそう。相変わらず、ちゃんとブルンミにも話しかけてくれました出発前に知っていたら、お祝を持って行ったのに。
今夜は、erikoさんのレシピを参考に栗のスープを作ってみましたスープについては後日♪

おめでとうRocco! 

今日(18日)はRoccoのお誕生日だったそうで、一緒にお祝いしてきました。おめでと~う。
23歳だそう。今はボローニャで働いているけど、時々助っ人としてローマに来るRocco
若いけど、Roccoの作るピッツァはおいしいのです
20071019023353.jpg Rocco 撮影・わたし
Roccoは、若いのに(2度目)ちゃんと働いて…えらいんだけど、時々ボリスとブルンミを奪おうとするので、わたしはムキーと本気で怒ってしまいます。

20071019023735.jpg  Brummi 撮影・Zio

20071019023938.jpg  みんな(一部) 撮影・わたし

風邪っぴきなのに出歩いたから、治りが遅くなってしまったかも。いかんいかん。部屋の中がだんだん寒くなってきたので、よくないわ!膝掛けとかいろいろ揃えないと。

昨夜は風邪っぴきということで、StefanoがStracciatella(かき卵とパルミジャーノのスープ)を作ってくれました。

今日は、夕飯を作ろうとしていたら、大家さんがグリーンピースときのこを煮たものを『食べなさい』とくれたので食べました。グリーンピースは嫌いだったんだけど、風邪で味覚が鈍っているからなのか?それとも、トマト、きのこ、鶏肉の味がしみこんだソースがおいしかったからなのか、おいしく食べられました。

最近、ご近所の小売店(パン屋、肉屋など)を開拓中♪中国やインドなどからの移民がたくさんいるとはいえ、ずっとここに住むローマ人もたくさんいるので、大家さんに教えてもらいながらいろいろ開拓していきまっす。

大学に登録! 

朝夕と昼間の温度差が激しくて、わたしの周りも体調を崩しているなか、わたしも風邪引きました。

やっと、やっと、昨日の午前中に大学への登録が終わりました!!!!!!登録には、パスポートとビザのコピー・登録用紙を事務所で出して、収入印紙と現金と登録用紙を持って、近くの出納課(と訳せばいいのかしら?)へGo!

ちなみに、支払期限はおよそ10日前だったけれど、日本から書類が届いていなかったので、手続きができない状態だったのでした。案の定、出納課に書類を持っていくと、『期限が切れているから、ダメです』と。出納課が事務所に電話して、やっとOKということになりました。は~。
ところが、現金を持っておらず…大学内のATMにいくも、わたしのカードが使えないタイプのATMだったので、ATMを探しまわって、結局家の近くまで行って、現金をおろして、出納課の閉まる5分前に大学に戻って支払いました。はふ!
すぐに、領収書を持って、外国人学生事務所に戻って、書類を提出♪これで、来週には学生証ができる(ら・し・い)。
外国人学生事務所の前にいつも立っているおじさんが、いつもなんとなく感じ悪くて嫌だったわ。昨日も『もうすぐ閉まる時間なんだから、並ばないで明日の午後にくればいいじゃないか~』とうるさかった(--;
もちろん、無視して書類をちゃんと提出しておきました♪

まだ教授に挨拶できていないけど、明日から授業があるし、会えるでしょう。今日はファルネーゼの図書館にきていますが、ゆっくり過ごします。よ~し。
20071016184310.jpg


では~。

冷蔵庫 

こんばんは。

一昨日からジョギング&ウォーキングを始めました♪♪
場所はチルコ・マッシモ。
20070319213120.jpg


カラカラ帝浴場跡とアヴェンティーノの間です。
本当は、家からも歩いていけばいいんだけど(そんなに時間はかからない…)バスに乗っていってます。

時々、友達の友達であるAvvocatoもジョギングに来ているらしいので、遭遇したら楽しいのになぁ。

今度の月曜日までは、観光気分と決めているので、毎日散歩ばかりしていますが、それはまた今度アップしま~す。
スーパーで食料品をあんまり購入していないから…冷蔵庫には、飲むヨーグルトとスモークサーモンとグレープフルーツジュースしかありませんでした。きゃー。
そういえば、あんまり料理してないもんね。
アジア系の食べ物がすごーく食べたいので、明日からはいろいろ作ることにしまっす。時々友達を呼べば、おいしいものを作りたくなるでしょう。
今日はまだPantheonのStefanoに会っていないので…いってきま~す。
ちゃおちゃお。

THE お部屋改造計画-Before&After-1- 

ローマの部屋は、3年ほど前に語学学校の紹介で住むことになったお部屋です。ローマの城壁の中で、交通の便もかなりよいところ。でも、この地区はあんまりローマ人には好まれず、中国やインドなどからの移民が多いところなのです。

お部屋のベッドがソファベッドで寝心地がよくないし、部屋のドア(廊下側)がちゃんと閉まらないので、Trastevere近くのMonteverdeあたりに引っ越したいと思ってはいたものの、ローマの家では、ワイヤレスで常時ネット接続ができてとっても便利(留学生には重要!)

ローマで部屋や家を探すのは本当に大変。
よい大家さん
ネット常時接続(できればワイヤレス)
交通の便がよいところ
家賃が高すぎない(安すぎると変なトラブルに巻き込まれるけど高すぎるのも困りもの)
という条件を満たすところなんて、あるかどうかもわからないので、引っ越しはしないで、この部屋をかわいく改造することにしました

今夜、さっそく大家さんに提案するつもりでしたが…明日になるかもしれません。
というのも、今夜はサン・クレメンテ教会の発掘150周年の講演会があると、今朝図書館で知ったのです
日本人としては、30分以上前に会場(教会)に着いて、席を確保したいと思ってしまうところ。あぁ、それにしても楽しみ。
こういうのが楽しみだったのです

では、一応、改造前のお部屋を少し公開。
053meno.jpg

056meno.jpg


巨大なランプが5つもあるのです!
アドバイスをもらいつつ、ボリスとブルンミも満足するお部屋に改造♪

心配なのは、大家さんがベッド購入を嫌がったら…ということ。

お散歩 

ボリスと比べると、ブルンミは小さいのでついつい持ち歩いてしまいます。ブルンミばかり持ち歩いていたら、とうとう友達たち(複数!)に
『あ~あ、ボリスから心変わりしたのね。かわいそうに…』と言われてしまいました。
そんなことはないのだけど。

ちなみに、ローマの友達たちはボリスとブルンミをちゃんと区別しています。昨日はFabioが自分の娘にブルンミをあげたいから、送ってほしいと言ってきました。いい傾向です。

というわけで、お散歩。

IMG_0016.jpg ここはわたしのお気に入りの塔。塔の下には、昔ながらの床屋さん。

IMG_0017.jpg  IMG_0019.jpg  おっと、鏡に映ってしまったわ。

IMG_0018.jpg  塔の横にはホテル

IMG_0020.jpg  どんどん歩いて、小さな劇場を発見。

IMG_0022.jpg ブルンミも登場。

IMG_0027.jpg   妄想しながら、骨董街を歩いていたら、どうやら、カステル・サンタンジェロに出てきたようです。
IMG_0029.jpg

明日は、朝から大学事務所と税務署と銀行に行かないといけないのだった…。お昼寝をしたせいか、あまり眠くありませんが、おやすみなさい。ぐ~。

重なる偶然 

今日は、ファルネーゼ宮にあるエコール・フランセーズに再登録してきました♪淡いピンク色のファルネーゼ宮は現在フランス大使館です。その中にエコール・フランセーズというフランスの研究所があり、図書館を持っているので、そこを利用。1年ぶりに入ったら、机と椅子が新しく便利に!
迷っていると、おじさんたちが「どうしたんだ?」と、教えてくれるので助かる場所。

ちょっと戻って、到着日のことを…

ローマの空港に到着後、荷物を持ってアバウトな待ち合わせ場所まで転がりそうになりながら歩いていたら、お迎えに来てくれた友達に呼ばれてなんとか転がらずに済みました。
お仕事中に抜け出して来てくれたそうで、感謝感激お仕事に戻らなくてはいけないけど、その前にごはんを食べようということになり、荷物を家に置いてからインド料理屋にGo!
前菜盛り合わせ、キーマタンドリーチキンを注文。
スパイスの刺激に幸せを感じていたら、なんだか見たことがある人が入店。今年の初夏に行ったイタリア映画祭で上映された映画の監督でした。気分がハイになっていた私は、『すみません~』と声をあげて呼び止めようとしてしまったけど、声が小さかったようで、気づいてもらえませんでした。友達は突然私が声を上げたのでビックリ…。

次の日

お昼を食べてから、大学に行ってきました。
友達に私の学部の場所を聞いてはいたものの、もぅ広くてなんだかよくわからないまま、暑い中ヘロヘロになりながら場所を探していました。
すると突然Borissino!と私を呼ぶ声が…。

さて、誰だったのでしょう。眠いので続きは明日書きます。
毎日、すご~く眠いのです。ウトウト。

ローマ到着 

1日夜に無事ローマに着きました。

・警察署への届け出
・滞在許可証の申請@郵便局
・大学事務局へ手続き
をとにかく早くやらないといけなかったので(ほっとするためにもね)、ヨロヨロだったけど、なんとか昨日の午後までに済ませました。
といっても、イタリア大使館がちゃんと機能していないせいで、大学事務局に書類が届いておらず、手続きはできませんでした。ハフ。

でも、講義の曜日・場所・開始時刻はわかったので、よし!

というわけで、一昨日の夜は、お土産をもってPantheonとTrastevereに…。Pantheonは例によって例のごとく混んでいたので、写真を撮り忘れちゃいました。

20071004155121.jpg
Andreaはよく大きいボリスを盗んで、私が騒ぐのを楽しむ(--;
でも、お土産を持っていくととにかく何でも味見してくれるので◎

IMG_0012-2.jpg


この日は3人しかいなかったので、残念。今週末にはiclal&MimmoやPatriziaにも会えるそう

既に到着してから、いくつかの楽しい偶然や楽しいお散歩があったけど、それは後ほど。フフフ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。