スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

deutsch tedesco ドイツ語 

だいぶ長いこと放置していました。ハハハ。だって、アップロードする為に、写真は縮小しないといけないし(いつも大きな容量で撮影するのだ)、ネットに接続しなくちゃいけないし(ネット接続が相変わらず、微妙な状況ざます)。

研究テーマの壁画装飾に関する研究論文を読んでます。
70年ほど前のドイツ語論文。
ドイツ語文献と向き合うのは久し振りなので、辞書ひきまくっています。しかし、だんだん、ドイツ語の
単語を思い出し始めてきました♪
昔とった杵柄(本当に、「とった」のかは…)というものかしら。

気付いたら夜中の3時を過ぎていたのですが、なんとなくブログを久しぶりに更新することにしました。
写真はないけどね。

ローマは突然暑くなって、毎日死にそうです。ひー。
でも、食欲は消えません。
スポンサーサイト

大学の試験 

かなりご無沙汰しておりました。

6月末の大学の試験に向けて、猛勉強してました。こちらの大学では学位をとるコースではなく、いわゆる聴講生のような状態ですが、あともう少しイタリアで合法的に学生として滞在するには滞在許可証を更新しなくてはならず、その更新の為には「今回、大学の試験をちゃんとパスしました」という証明を出さないといけない…。
というわけで、試験範囲(ジョットと14世紀イタリア絵画史)をずーーーっと5月から勉強して、6月末の試験に臨む予定でした。
試験に落ちたら、ローマに滞在できなくなるので、すごいプレッシャー。。。しかも、この間、家の排水問題も勃発していたので、ダブルでイライラ&ストレスでした。
1週間~10日間ほど、ストレスの為、胃腸がおかしくなり、おじや、すうどん、パスタ・ビアンカ(ゆでたパスタにレモンとオリーブオイル、パルミジャーノをかけたもの)しか食べれくなったり(!)


試験は春、夏、秋にあり(もちろん大学とコースによって違うとは思いますけど)、各試験期間で3回実施されていました。わたしのコースは6月11日、30日、7月14日。自分で受ける回を決めたら、大学においてある試験名簿帳に名前を記入して、当日指定された時間に教室に行くのみ。
1回目には準備が間に合わなかったので、とりあえず2回目を受けてみて、それでだめだったら最後の3回目を受けようと考えていました。

試験当日。
続きを読む

Dichiarazione 

急に準備が始まって、残る書類は現地の大学からの入学許可証Dichiarazioneのみとなりました。はよ、届け。

余裕をもちたい(既にないような気がするけど)から、出発日をまた延期
3度目の正直であって欲しい!
奨学生は政府がまとめて保険に加入させているので、ビザ申請の為には特に海外旅行保険に加入する必要はないよう。
でも、心配なので、在籍中の日本の大学が特別に提携している海外旅行保険に加入しておきました。この保険、通常の半額ほどでかなりお得♪♪

普段は文句ばっかり言いたくなる大学(事務とか!ボロ汚い校舎とか!)だけど、こんなところはマンモス校で得をしたわ

ちなみに、今回は久しぶりにアリタリア航空ローマ直行便を利用たぶん、アリタリアに乗るのは6年ぶりくらい?!きっと、何もサービスは改善されていないんだろうな~。

★出発まであと3週間★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。